Home » 安全互助会 » 安全互助会とは

安全互助会

安全互助会とは

PTAは次代を荷なう青少年の健全な成長を図ることを目的として、父母と先生により組織された社会教育団体です。
この活動を充実発展させるためには、各種活動中に生じる事故を防止するとともに、積極的に安全教育を徹底しなければなりません。また、予測できず未然に防ぐことができない事故に対しては、PTA会員が相互に扶助することによって、安心して活動出来るような体制が必要です。
そこで、島根県PTA連合会の会員が一致協力をして、会員相互の互助の精神に基づき各種のPTA活動や、児童・生徒の社会教育等の活動中の事故に起因する傷病等について、お互いが拠出し会費を充当し、見舞金を給付することによって、PTA活動の円滑な運営や、児童・生徒の心身の安全を確保することを主眼とし、事故防止と安全生活の確保に充分役立てることを目的とする組織が「島根県PTA連合会安全互助会」です。
それは「ひとりは、みんなのために」「みんなは、ひとりのために」という相互扶助の精神にたって、年額わずかな会費を出しあうことにより、災害による不安を解消し、より充実したPTA活動を展開しようとするものです。

20年度より互助会が次のように変わりました

1.事故発生後の手続きが簡単になりました

各単位PTA安全互助会担当の先生は事故発生後(様式4)報告書を県P互助会事務所に提出(郵送)していただくだけになります。
治癒報告(様式5・6等)は引受保険会社と会員との間で直接行われます。見舞金支払後、各単位PTAに県PTA安全互助会より報告書を送付します。
(様式4提出時に、PTA事業計画書、会員の方への案内状、プール当番表等添えてください。)

2.見舞金の対象(給付基準)が変わります

  • ・ 通院1日だけでも給付されます
  • ・ 賠償(身体障害・財物損壊・保管物)についても見舞金が引受保険会社の約款、取り扱い規定等に準じて保険金給付されます
  • ・ 固定具・手術に対する見舞金も引受保険会社の約款、取り扱い規定等に準じて保険給付されます
  • ・ 死亡弔慰金が1名につき600万円給付されます

※引受保険会社への要望、困り事等は県P連互助会事務所までお知らせください

前のページへ戻る

ページの先頭へ